囲 碁 20 徳

1。余暇を豊かにしてくれる趣味である
2。実力がなければ勝てないことがわかる
3。やらなければならない大きさの順が分かる
4。精神を集中するくせができる
5。相手の立場に立って考える態度が生まれる
6。ごまかして勝っても面白くないことが分かる
7。勝負にこだわらず、相手を尊重する態度ができる
8。負けそうでもつくせるだけつくす努力と態度ができる
9。勝ちそうだと思っても最後まで油断しない態度ができる
10
。考えなければ進歩しない。
    惰性で生きるのがおもしろくないことがわかる
1。相手を知り、礼儀作法が自然と身につく (礼法)
2。品よく、おもしろく楽しめる (品位)
3。ものごとを広くみるようになる (大局観)
4。筋道を立てじっくり考えるくせがつく (冷静に対処する態度)
5。自分のよしあしを見つめさせ、反省の材料を与えてくれる (自省)
6。よい手、美しい手を求め続ける無限の芸術である (創造)
7。一つ一つの石を生かして働かせる力がつく (調和)
8。負けるくやしさから学ぶ (忍耐)
9。心の友が得られる (交友)
10
。頭の体操となり生きがいを与えてくれる (心身の健全)

 健康こそ財産 健康な体に健康な魂が宿る
  我が身の健康は家族の幸せ 

 真の幸せは心身健康 健康こそ人生最大の幸せ
  魂に残る財産は永久に無くならないし代々まで引き継がれる

  目に見える財産はいつかは全て喪失する

 人はどんな苦難も乗り越えれる

自分が望む環境に前向きなら~克服出来る~互助こそ人間の本来の姿 
 
何故なら誕生前から~容こそ違えても人々に何らかの試練と乗り越えれる力を平等に与えられて生まれてるから環境こそ違え皆んな同じ”

人生何歳に成ってもチャレンジ精神が必要 

  何故なら生きる為にチャレンジにしてるから~

人は意志の持ち方で健康でいつまでも若々しく生活できて

 幸せに成れる~前向きだから~ 手習いに遠慮は要らない

全ては気持ちの持ち方考え方 

 そして行動するかしないかが左右する

碁盤に向かう意志を持ちませんか~?仲間が待つています。

何らかで人と接する事が生きてる証であり最大の喜びで在る

 

囲碁格言

テクニックに関するものはむろんのこと、対局中の心得から駄洒落に至るまで、古今の囲碁格言は

少なくありません。判明してるだけでも五百以上にのぼります。が基本的なものに限ります。

詳しくは「囲碁の文化史}(水口藤雄値著、日本棋院出版部)を参照して下さい

アキ三角は愚形    ★厚みにちかよるな   ★石とつて碁に勝てず      ★石はカランで攻めよ       

★板六は生き     ★「1の二」に妙手あり   ★一にハネ二に切り三に置き ★カス石は捨てよ   

切り違い一方ノビよ  ★裂かれ形は愚形なり ★サバキはツケから  ★左右同型中央に手あり  

三目の真ん中は急所 ★死はハネにあり    ★弱石作るべからず  ★スソアキ囲うべからず 

攻めるは守るなり   ★ツケ切り一方のびよ  ★敵の急所は我が急所  ★天王山をのがすな 

二子の頭は見ずにはねよ★凹みに手あり    ★毎手三思して打つべし   ★モタレテ攻めよ  

要石捨てるべからず